Monthly Archives: April 2019

logo

シャンパーニュ「ティエノー」メーカーズディナー

シャンパーニュ地方・ランスに1985年に誕生したシャンパーニュメゾン「ティエノー」。そのシャンパーニュは保守的ではなく、常に 新しい独創性を求める現代的スタイルです。創業者・アラン・ティエノ、長男スタニスラス、長女ガランスの3名による家族経営のシャンパーニュメゾンで、 それぞれの名を冠したシャンパーニュがあるのも特徴のひとつです。また、アーティスト「スピーディー・グラフィット」とコラボレーションしたマグナムボトルは そのデザイン性から多くの反響を生みました。今回が初来日のガランス女史をお迎えし、豪華シャンパーニュディナーを行います。 ラインナップはデザインの異なる1stと2ndの「スピーディーグラフィット」。また、それぞれの名前を冠したファミリーシャンパーニュをお楽しみ頂きます。

ラインナップ

NV SPEEDY 1st Edition Magnum
NV SPEEDY 2nd Edition Magnum
2008 Millesimé
2007 Cuvée Stanislas, Blanc de Blancs
2008 Cuvée Garance, Blanc de Noirs
2007 Cuvée Alain Thiénot

日時 : 5月30日(木) 18:30開場/19:00開宴
会費 :お一人様 19,440円 (税サ込み)
※ご相席の場合がございます。

LES SPECIALITES5月のおすすめ料理

Fricassée d’ ASPERGES VERTES de Kagawa et MORILLES au vin jaune
香川県産グリーンアスパラガス“さぬきのめざめ”とモリーユ茸のフリカッセ ヴァン・ジョーヌ風味 (追加料金ランチ+2,000円 / ディナー+1,500円)


香川県産のグリーンアスパラガス「さぬきのめざめ」とフレッシュなモリーユ茸を、フランス・サヴォワ地方の黄色いワイン、ヴァン・ジョンヌを効かせたクリーム仕立てでお楽しみいただきます。春真っ盛りのアスパラガスの心地よい食感とともに、クリーミーに広がるモリーユ茸の芳しい香りをご堪能ください。

ANANAS rôti, glace mangue-passion
沖縄県西表島ピーチパインアップルのロティパッションとマンゴーのソルベ (追加料金+800円)


キャラメリゼした完熟のパインアップルは、ほのかにタイムの香り纏わせて。カカオフルーツのクリーム、パッションフルーツとマンゴーのソルベと共にお楽しみください。

event1905_1

ミュージックディナー「三味線プレイヤー 史佳」

2019年6月12日(水) 18:30より受付開始 19:00開演 会費:18,000円
(パフォーマンス・ワイン・お食事代・サービス料込、税別)
高橋竹山流津軽三味線の若き伝承者、史佳Fimiyoshiさんの演奏をブノワでお楽しみいただきます。古典はもちろん、伝統芸能の枠を超えた新しい音楽にご期待ください。

プロフィール
史佳Fumiyoshi

ふるさと新潟に拠点を置き、国内外で演奏活動・講演活動を行っている三味線プレイヤー。音の響きを大切にする“弾き三味線”奏法を得意とし、津軽三味線のスタンダード曲はもちろんのこと、古典を大切なベースとしながらも、伝統芸能の枠を超えた新しいニッポンの音楽を目指して活動しています。2011年にはパリ、ルーヴル美術館にて日本人として初めて演奏を披露。今年10月にはニューヨークのカーネギーホールでの公演も決定の注目のアーティストです。

wine1905_1

LE VIN DU MOIS5月のおすすめワイン

2015 レ・ザルム・ド・ラグランジュ グラス 1,600円(税別)

桜の季節も終わり、新緑や若葉が輝く季節となりました。 アスパラガスをはじめとした春この季節ならではの野菜が旬を迎えようとしております。

そんな春野菜にお薦めのワインがこの「レ・ザルム・ド・ラグランジュ」。

ボルドー地方のサンジュリアン村にあるこの「シャトー ラグランジュ」は格付け3級の名門シャトーです。やはり赤ワインのイメージが強いボルドー地方に置いて、この白ワインは常に高評価を取り続けています。 ソーヴィニヨンブラン種をベースにセミヨン種とミュスカデル種をブレンド。爽やか系の葡萄品種を樽発酵させています。 ハーブや柑橘を思わせる爽やかな香りを主体に、樽由来の蜂蜜やパイナップルのニュアンスも感じる。味わいもアタックは酸味を感じるスッキリとした味わいから、樽の燻した香りが口に広がる余韻の長さが特徴です。