reserve

Eventsイベント

Soirée de la Musique
ブノワでオペラ 7月26日(水)・27日(木)開催
Event
Soirées de la Musique on July 26th. and 27 th.

h_2

かつてフランスの邸宅で開催されていたサロンのように、ダイニングにグランドピアノを配置し、ブノワでお楽しみいただくオペラ。一流の演出による上質なサロン・オペラやコンサートの上演を展開する演奏団体「奏楽会」とのコラボレーションにより、2夜連続、異なるプログラムで開催いたします。響き渡る歌声、ピアノの旋律、そしてブノワのお料理をご堪能ください。

日時:7月26日(水)、19:00より受付開始 19:30開演
会費:23,000円 (パフォーマンス・ワイン・お食事代・サービス料込、税別)
出演:テノール 佐野成宏さん  ピアノ 田中健さん
演目:ディクルティス作曲 / わすれな草
カルディルロ作曲 / つれないこころ
他8曲予定

※都合により曲目が変更することがございます。

佐野成宏 (さのしげひろ) テノール
東京藝術大学、同大学院卒業。在学中に、第19回イタリア声楽コンコルソ優勝・ミラノ大賞受賞。卒業後は、アルド・ブロッティ氏の招致でイ東京藝術大学声楽科卒業後、アリゴ・ボイト音楽院(伊)に留学。‘92年の関西日伊コンコルソ第1位・ミラノ大賞受賞をはじめ、F・ビニャス国際声楽コンクール3位等多くの国際コンクールで入賞する。‘96年テアトロ・レージョ(パルマ・イタリア)でヴェルディ『レクイエム』のテノールソロとしてデビュー。以降スイス、オーストリア、ドイツ、スペインなどヨーロッパ各地、南米等で数多くのコンサート、オペラに出演する。’01年にはローマ歌劇場でのプッチーニ作曲オペラ『つばめ』(プルニエ役)に、芸術監督である指揮者ジェルメッティ氏の強い希望で出演し高評価を受ける。主演したオペラは、ヴェルディ作曲『椿姫』『ドン・カルロ』『リゴレット』他プッチーニ作曲『ラ・ボエーム』『トスカ』ドニゼッティ作曲『ランメルモールのルチア』ビゼー作曲『カルメン』等があり、いずれも卓越した歌唱と存在感は圧倒的であると同時に、小澤征爾指揮ベルリオーズ『ファウストの劫罰』ファウスト役などで高い音楽性も評価されている。‘09年4月に開催された「天皇皇后両陛下ご成婚50周年ご即位20周年記念祝賀コンサート」に出演。同年6月から出演した佐渡裕指揮 兵庫県立芸術文化センターでの「カルメン」(全7公演)では存在感ある演技と音楽表現で今までにない評価を受ける。14年9月にはヴェルディ作曲「DON CARLOS」フランス語5幕版日本初演にタイトルロール・ドンカルロス役で出演、円熟した歌唱で観客を魅了した。2015年12月には佐渡裕指揮サントリー1万人の第九/兵庫芸術文化センター管弦楽団10周年記念ツア−10公演にテノールソロとして出演。只今美しいイタリアの情景写真とコラボしたCD「ITALIA」、懐かしき歌を集めたCD「にっぽんの歌」が絶賛発売中である。
 テノ-レ・リリコとして光り輝く声を持ち、オペラの舞台には欠かせない存在感のあるプリモとして活躍するテノール歌手である。

田中健 (タナカタケシ) ピアニスト
東京音楽大学卒業。同大学院伴奏科修了。同大学声楽科伴奏助手として9年間勤務。サントリーホール・オペラアカデミー第2期修了。主に声楽分野の共演ピアニストとしてニューヨーク国連本部「日本歌曲コンサート」、「アイメイト・チャリティーコンサート」、丸の内「ラ・フォル・ジュルネ熱狂の日音楽祭」、梅若能楽堂「歌と絹の織りなす日本の真髄」、「第89回ぐるーぷ・なーべ演奏会」など、各地のコンサートで佐野成宏、中嶋彰子、をはじめとする様々なアーティストと共演やCD録音に参加している。また東京交響楽団附設コーラス、東京混声合唱団、信州駒ヶ根高原音楽祭、まつもと市民オペラ、などの音楽スタッフやピアニストを勤める。 第6回日本アンサンブルコンクール歌曲デュオ部門第1位。第1回 ウィーンオペレッタコンクール最優秀伴奏者賞受賞。


img01 img01 img01
日時:7月27日(木)、19:00より受付開始 19:30開演
会費:21,000円18,000円(パフォーマンス・ワイン・お食事代・サービス料込、税別)
出演:テノール 高田正人さん  ヴァイオリン 寺下真理子さん ピアノ 河野紘子さん
演目:未定

2016年宮本亜門演出の二期会オペラ舞台「フィガロの結婚」の他、数々の舞台そしてメディア出演も多いテノール歌手高田正人さん、ソリストとして東京フィルはじめ、全国の有名交響楽団と共演する寺下真理子さん、ソロピアニストとして活躍し、TVドラマ「のだめカンタービレ」の主人公の手と音の吹き替えを担当した河野紘子さんの豪華3名のアーティストをお迎えいたします。

高田正人 (たかだまさと) テノール
東京芸術大学卒業、同大学院修了。イタリア政府給費奨学生としてイタリアに留学、ピアチェンツァ国立音楽院に学ぶ。また、文化庁在外派遣研修員としてニューヨークへ留学。ミラノ、ベローナ、NY、台湾などでコンサートに出演。帰国後は二期会オペラ「椿姫」・「フィガロの結婚」(宮本亜門演出)、小澤征爾音楽塾『カルメン』、日生劇場「リア」、神奈川県民ホール「金閣寺」、NHK音楽祭「サロメ」(ゲルギエフ指揮)など数多くの舞台に出演。東フィル「第九」(ダン・エッティンガー指揮)、デェシュパイ指揮「Esdurミサ」等コンサートにも出演。NHK「ラジオ深夜便」を始めメディアへの出演も多い。二期会会員。

寺下真理子 (てらしたまりこ) ヴァイオリン
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学、ブリュッセル王立音楽院修士課程卒業。第2回宮崎国際音楽祭にて、故アイザック・スターン氏の公開レッスンを受講。五嶋みどりデビュー20周年記念コンサート(大阪NHKホール)にて五嶋みどりと共演。2004年には第2回東京音楽コンクール弦楽器部門第2位(ヴァイオリン最高位)受賞し注目を集めた。2015年2月4日「Ave Maria」(KING RECORDS)をリリースし、高音質ハイレゾ音源配信サイトにて全ジャンルの中から週間1位を獲得。2017年2月「ROMANCE」(KING RECORDS)をリリース。これまでに、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、九州交響楽団と共演。

河野紘子 (こうのひろこ) ピアノ
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て同大学研究科を修了。‪ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン『熱狂の日』音楽祭2010、第三回庄内国際ギターフェスティバルin響等に出演の他、NHK東京児童合唱団を始め、数多くの合唱団と共演し、CD録音も行っている。ソロだけでなく伴奏者として、一流アーティストの信頼も厚い。‪これまでに桐朋学園大学声楽科嘱託演奏員、二期会オペラ研修所ピアニスト。‪またフジテレビで放映されたドラマ「のだめカンタービレ」の主人公(上野樹里)の手・音の吹き替え、現場での指導を担当するなど、活動の幅を広げている。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

ワインセミナーWine Seminar

1707_wine_seminar

7月24日(月) 19:00~21:30
お一人様15,000円(税・サービス料込み)
テーマ: ゴッセ

シャンパーニュ地方において最も古い歴史をもつメゾンこそ「ゴッセ」。この老舗シャンパーニュメゾン・ゴッセの魅力に迫りたいと思います。ゴッセのシャンパーニュの特徴は発酵にあります。マロラクティック発酵というシャンパーニュでは一般的な発酵方法をあえて行わず、葡萄が本来もっているリンゴ酸を使い発酵をさせ、美しい酸味を感じる事のできるスタイルを400年貫いています。今回は、ゴッセのラインナップの中でも上級レンジのみ5種をお楽しみ頂きます。
勿論、ゴッセが誇るプレステージキュヴェ「セレブリス」もお楽しみ頂きます。この機会にぜひゴッセの真髄をお楽しみください。

Pageトップへ