ブノワ10周年特別企画  フランスをめぐる美味しい6日間

フランスならではの豊富な食材やワインを通じて、
フランス料理の美味しさと楽しさを感じて頂きたく、
「ジェーム・ラ・フランス」を6月、10月、11月、来年2月の4回に渡り開催いたします。
南西地方、ブルゴーニュ地方、パリ、そしてプロヴァンス地方から、アラン・デュカスが作り手や味わいに惚れ込んだこだわりの食材をご用意いたします。
アラン・デュカスがご紹介するフランス各地方の食材の数々、地方を代表するワイン、フランスの大地を体感できる美味しい“フランスめぐり”をご堪能ください。


Provence 2016年2月18日(木)~23日(火)※終了しました

地中海の太陽がふりそそぐ南フランスはアラン・デュカスの料理の原点。腕利きの採掘者として名高いユーゴ・ドーマの黒トリュフ、エクサン・プロヴァンスのオリーブオイル、小麦の原種“スペルト小麦”、ハチミツなどをお楽しみいただきます。


Sud-Ouest 6月11日(木)~16日(火)※終了しました

<ソワレ・グルマンド>のゲスト、料理研究家の大森由紀子さんがフランス南西地方を訪れました。

ボルドーの東側からスペインとの国境、ピレネー山脈の麓に至る地域。アラン・デュカスの生まれ故郷であるランド地方は、昔から鴨の飼育が盛んでフォアグラの有名な産地として知られています。
今もなおトウモロコシで育てるアンディニャックさんの鴨のフォアグラはテリーヌやポワレに、そのほか『ランド産ホワイトアスパラガスと帆立貝のソテー』や『ランド産鶏のバスク風』、バスク地方特産の唐辛子“ピモン・デスプレット”、バイヨンヌ産生ハムなど、作り手の顔が見える食材を使い、特別メニューをご用意いたします。


Bourgogne 10月15日(木)~20日(火)※終了しました

<ソワレ・グルマンド>のゲスト、ソムリエの石田博さんがブルゴーニュ地方を訪れました。

言わずとしれたワインの聖地であり、美食の都。ブルゴーニュのシャロル発祥、最高品質の牛肉として世界的に認められているシャロレ牛、エスカルゴや黒スグリ(カシス)、ほかをご用意いたします。


Paris 11月26日(木)~12月1日(火)※終了しました

世界中のグルメが訪れる食の宝庫であり、現在アラン・デュカスが10軒のレストランを運営する街、パリ。秋から冬の限定された時期のみ市場に出回る、キジや青首鴨、山ウズラなどの“ジビエ”やパリの茸と呼ばれる“シャンピニオン・ド・パリ”、モー村のマスタード、ほかをお届いたします。

Pageトップへ